ケースレポートでAGP(アンビュラトリーグルコースプロファイル)の事をもっと学ぶ。

全てのケースレポートはこちらでご覧になれます:

# 症例内容 症例提供・監修 所属施設 PDF
No.12 フラッシュグルコースモニタリングを日々の血糖コントロールに活用する2型糖尿病患者の一例 ​南 昌江先生 南昌江内科クリニック​ (1.1 MB PDF)
No.11 ​フラッシュグルコースモニタリングによって患者の意識が変わり劇的に血糖コントロール改善をみた1型糖尿病患者の一例 ​釣谷 大輔先生 ​浜松医科大学病院 (861 KB PDF)
No.1​​0 ​治療の最適化によって血糖コントロールとQOLを改善できた2型糖尿病の症例 木村 那智先生 ​ソレイユ千種クリニック (1.1 MB PDF)
No.9​ ​​食後血糖の管理がコントロールの改善につながった2型糖尿病の一例 ​​和田 淳先生 ​岡山大学大学院 (1.1 MB PDF)
No.8​​ ​入院時AGPで強化インスリン療法を開始し、退院後の自己管理にフラッシュグルコースモニタリングを活用した高齢者1型糖尿病症例 ​原 一雄先生 ​自治医科大学付属さいたま医療センター (1.1 MB PDF)
No.7​​ ​AGPによるグルコースプロファイルの評価により治療強化が可能であったインスリン依存型2型糖尿病の1例 ​林 哲範先生 ​北里大学医学部 (957 KB PDF)
No.6​​ ​食生活が見通せたインスリン頻回注射中の2型糖尿病症例 ​橋本 尚子先生 ​兵庫県立姫路循環器病センター (1.2 MB PDF)
No.5​ ​血糖日内変動パターンの把握が基礎インスリン製剤変更の決め手となった1型糖尿病症例 ​利根 淳二先生 ​岡山大学病院 (1.1 MB PDF)
No.4 ​小児1型糖尿病におけるフラッシュグルコースモニタリングの有用性について(2か月の検討) ​浦上 達彦先生 ​日本大学医学部 (1 MB PDF)
No.3 ​フラッシュグルコースモニタリング装着により判明した食後高血糖にグリニドを追加した症例 ​仲 元司先生 ​佐久市立国保浅間総合病院 (1.1 MB PDF)
No.2​​ ​持効型インスリンの種類を変更して血糖コントロールが改善した症例 仲 元司先生 ​佐久市立国保浅間総合病院 (1.1 MB PDF)
No.1​​​​​​​​ ​外来でインスリンを導入した2型糖尿病の一​症例 ​田嶼 尚子先生 ​東京慈恵会​医科大学 (1.1 MB PDF)

※PDF掲載の監修医所属・肩書きは作成時のものとなります。