FAQ・使用上の注意

FreeStyleリブレシステム全般について知りたい

Q.FreeStyleリブレキットには何が入っているの?

A.FreeStyleリブレキットにはセンサーキットとReaderキットがあり、センサーキットには使い捨てのセンサーと装着の際に使用するセンサーアプリケーター、ReaderキットにはFreeStyleリブレReader本体のほかに、USBケーブルや電源アダプター、クイックスタートガイド、取扱説明書などが入っています。

Q.グルコース値ってなに?

A.FreeStyleリブレで測定される間質液中のグルコース濃度のことをグルコース値と呼びます。グルコースは毛細血管と間質液の間を自由に移動しています。血糖値と間質液中のグルコース値(グルコース濃度)は相関性が高いことが証明されています

Rebrin K, Steil GM. Diabetes Technol Ther. 2000; 2(3): 461-472.

Q.センサーやReaderは海外のものと互換性がありますか?

A.日本で販売されているFreeStyleリブレセンサーは、日本用にプログラムされているため、日本で販売されているReaderでのみ読み取ることができます。そのため、日本で販売されているFreeStyleリブレReaderを海外で使用する場合においても、日本で販売されたセンサーをご使用ください。海外旅行など長期でお出かけになられる際には、あらかじめ日本で予備のセンサーをご準備いただき、ご持参ください。

Q.どのくらいの間隔でグルコース値を測定記録しているの?

A.センサーは最長14日間にわたって毎分グルコース値を測定し続け、15分ごとの最適化された平均値を記録しています(ノイズ補正や乖離値の除外などの複雑なアルゴリズムを用いて平均化しています)。

Q.装着1日目には正確に測定できないことがあるってホント?

A.一般に、グルコース値を測定するセンサーの正確性は、使用初日以降に向上します。センサー装着直後はその生理学的環境に順応する必要があります。初日以降は装着期間を通して一貫して正確な測定を行います。

Q.インスリン注射の際に気をつけることはありますか?

A.インスリン注射は、装着しているセンサーから少なくとも2.5cm以上離れた部位に注射してください。

Q.血糖トレンドの読み方がわからない。

A.血糖トレンドの読み方でポイントとなるのは、

  1. 低血糖リスクの確認。
  2. 目標範囲との比較。
  3. 中央値曲線の変化(日内変動)。
  4. 各時間の曲線の上下幅(日差変動)。

です。グラフの意味することろを理解して、血糖コントロールの改善に役立ててください。

図中テキスト

  1. 低血糖リスクの確認→低血糖を回避
  2. 目標範囲との比較
  3. 中央値曲線の変化に着目
  4. 各時間の曲線の上下幅に着目→日によるばらつきが大きい
Q.FreeStyleリブレの測定値を見て、インスリンの注射量を変えてもいい?

A.治療の変更は医師の指示に従う必要があります。測定結果により、医師の指示なく経口薬やインスリンの投与量を変更しないでください。

FreeStyleリブレReaderの操作について知りたい

Q.充電の仕方を教えてください。

A.FreeStyleリブレキットに同梱されているUSBケーブルの一方の端をリブレReaderのUSBポートに差し込み、もう一方の端を同梱の電源アダプターを使ってコンセントに差し込んでください。充電の際には、必ず、電源アダプターが簡単にはずせる場所を選択してください。

完全に充電するには、少なくとも3時間充電してください。また、同梱されているUSBケーブルと電源アダプターのみを使用してください。

Q.アラームの解除方法を教えて下さい。

A.アラームはReaderの電源がオフであっても作動します。OKをタッチしてアラームを止めるか、アラームマークを押して設定した時間を解除してください。

アラームマーク

Q.メモ機能の使い方を教えて

A.

  1. グルコース値画面で右上にあるえんぴつマークをタッチし、追加したい項目を選択します。
  2. プラスマークをタッチすると投与したインスリンの単位数、または摂取した炭水化物のグラム数を入力する画面になるので、三角マークをタッチして数値を入力、画面右すみの[OK]をタッチして入力終了。
  3. メモの追加画面でもう一度[OK]をタッチしてメモを保存してください。
Q.AGPレポートってなに?

A.AGP(Ambulatory Glucose Profile)は、連続して測定・記録された血糖値や間質液中グルコース値を集約し、その傾向を視覚的に把握しやすくしてくれる解析方法です。

FreeStyleリブレでは、センサーで計測したグルコース値をReaderで読み取り、日々の糖尿病マネジメントに役立つレポートとして出力することができます。

Q.AGPレポートを入手したい。

A.AGPレポートを入手するには、まずFreeStyleリブレソフトウェアをパソコンにインストールします。次に、キットに同梱されているUSBケーブルを使ってReaderとパソコンを接続、ソフトウケアを立ち上げて、作成したいレポートを選択し、レポートを表示または印刷します。

Q.履歴の見方について知りたい。

A.グルコース履歴の確認と解釈は、血糖コントロールを改善するための重要なツールです。

FreeStyleリブレReaderで保存されたグルコース履歴を見るには、ホーム画面で「履歴を見る」をタッチして履歴オプションを表示し、確認したい項目をタッチします。

履歴オプションには、「履歴」「日内グラフ」「平均グルコース値」「日内パターン」「目標範囲内であった時間」「低グルコースイベント」「センサーの使用量状況」があります。

FreeStyleリブレReaderの画面表示について知りたい

Q.リブレReaderの表示について詳しく知りたい。

A.Readerのホーム画面からは、グルコース値とシステムに関する情報にアクセスできます。ホームボタンを押すと、ホーム画面を表示できます。

Readerを使用してセンサーをスキャンすると、センサーグルコース値画面が表示されます。Readerには、現在のグルコース値、グルコース値の推移する方向を示すグルコース値トレンド矢印、そして現在のグルコース値および保存されているグルコース値のグラフが示されます。

ホーム画面

時刻 Readerに設定された現在時刻。
センサーの状態 現在使用しているセンサーについての情報。
グルコース値を測定 タッチして、センサーのグルコース値を確認します。
アラーム タッチしてアラームを設定または変更します。
電池レベル 電池の残量。
設定 タッチして、Readerの設定を変更します。
履歴を見る タッチして、過去のグルコース測定値の情報を確認します。

センサーグルコース値

メッセージ タッチして詳細情報を表示します。
現在のグルコース値 最近のスキャンからのグルコース値。

食事のメモ

メモの追加 タッチして、グルコース測定値にメモを追加します。
グルコース値トレンド矢印 グルコース値の推移する方向。

超速効型インスリンメモ

グルコースグラフ 現在および保存したグルコース値のグラフ。
Q.FreeStyleリブレReaderに「LO」(または「HI」)って表示されたんだけど?

A.「LO」は測定値が40mg/dLより低いことを意味し、「HI」は測定値が500mg/dLより高いことを示します。メッセージボタンをタッチすると、詳細な情報を確認することができます。

Readerに「LO」または「HI」と表示されたら、別売りのFSプレシジョン血糖測定電極を用いて血糖値を確認してください。それでも「LO」または「HI」が表示された場合は、すぐに医師に連絡してください。

Q.グルコース値の上に「低グルコース」(または「グルコース値が低下」)って表示されたんだけど?

A.「低グルコース」はグルコース値が70mg/dLより低い場合、「グルコース値が低下」は15分以内にグルコース値が70mg/dLよりも低くなると予測される場合に表示されます。

この表示がされたら、FSプレシジョン血糖測定電極を用いて血糖値を確認してください。

Q.グルコース値の横に「↑」(または「↓」)って表示されたんだけど?

A.グルコース値が急激(1分間に2mg/dL以上)に変化しているとき、Readerに「↑」または「↓」と表示されます。このような場合、センサーによって測定・報告された間質液中のグルコース値が正確に血糖値を反映していないことがあります。FSプレシジョン血糖測定電極を用いて血糖値を確認してください。

Q.センサーをスキャンしたら、「3days」って出てきたんだけど?

A.センサーが3日以内に終了することになると、スキャンの後、測定値が表示される前に終了までの日数や時間が表示されます。

FreeStyleリブレセンサーの使い方について知りたい

Q.センサーはどこにつけてもいいの?

A.センサーは上腕の後ろ側のみに装着てください。日常の活動中にあまり動かない(曲がったり折れたりしない)皮膚の部位を選択し、傷跡、ほくろ、ストレッチマーク(肉割れ線)、コブのある場所は避けてください。

インスリン注射の部位からは、少なくとも2.5cm離れた場所を選んでください。また、不快感や皮膚の炎症を避けるために、最近装着した部位ではなく、別の部位を選択してください。

Q.センサーはいつ交換するの?

A.センサーは装着から14日経過すると、自動的に機能が停止し、センサーを交換する時期であることを知らせるメッセージがReaderに表示されます。

また、装着から14日間経っていなくても、装着部位に炎症や不快感を感じた場合、またはReaderが現在使用中のセンサーで問題を報告している場合も、センサーを交換してください。

Q.センサーを付けたままでプールに入れますか?

A.センサーは耐水性があり、装着したまま入浴、シャワー、水泳も可能です。水深1mで30分間までは問題なくご使用いただけます。それ以上の深さ、時間はなるべく避けてください。

なお、Readerは耐水性がないため、絶対に水やその他の液体につけないでください(水濡れ厳禁)。

Q.センサーを付けたままでX線・MRI・CTスキャンの検査を受けてもよいでしょうか?

A.これらの検査が、システム性能にどのような影響を与えるかについては、評価されていません。センサーを取り外してから検査を受け、検査後に「新しいセンサー」を装着してください。

Q.センサーをつかたままでサウナに入れますか?

A.センサーは熱くなりすぎたり冷たくなりすぎたりすると、Readerに温度計マークが表示され、一時的にデータの測定を停止する可能性があります。

適切な場所に移動し、再度測定してください。

温度計マーク

Q.汗をたくさん書いても大丈夫ですか?

A.激しい運動は、多量の汗をかいたりセンサーが動いたりすることにより、センサーの装着がゆるむ原因となる場合があります。センサーの装着がゆるむと、測定値が得られなかったり、自覚症状と異なるような信頼性の低い測定値となるおそれがあります。

そのような場合は、新しいセンサーと交換してください。

Q.センサーを着けたままで飛行機に乗れるのでしょうか?

A.空港のセキュリティを通過する際に、セキュリティ担当者(保安検査係員)にFreeStyleリブレを装着していることをお伝え下さい。センサー自体は、装着したままでセキュリティシステムを通過できます。機内では、Readerの電源を切り、センサーのスキャンは行わないでください。

なお、規則や規制は通告なく変更される場合があるため、出発前に航空会社にご確認ください。

飛行機登場時に利用できる医療機器情報カード

Q.センサーの取り外し方法について教えて。

A.センサーを取り外すときは、センサーの粘着部の端を引き上げ、1回の動作で皮膚からゆっくりとはがします。皮膚に残った粘着剤は、あたたかい石けん水またはアルコール綿を使って取り除くことができます。

Q.使い終わったセンサーはどうすればよいでしょうか?

A.使用済みのセンサーは、お住いの地域のルールに従って廃棄してください。

血糖自己測定について知りたい

Q.血糖値とグルコース値の違いは?

A.血糖値は、血流から、または体の細胞を取り巻く間質液(ISF)から測定できます。間質液中のグルコース値(濃度)は、血糖値そのものではありませんが、血糖値に近い値で変動することが知られており、これを持続的に測定・記録することで、血糖値の変動を推測することができます。

FreeStyleリブレは間質液中のグルコース濃度を測定しているので、血糖値とは5〜10分程度のタイムラグが発生する可能性があります

Rebrin K, et al. J Diabetes Sci Technol. 2010; 4(5): 1087-1098.

Q.血糖値はどんなときに測定するの?

A.血糖自己測定(SMBG)は、以下の場合に実施してください。

  1. グルコース値画面で、グルコース値トレンド矢印が「↑」または「↓」のとき。
  2. グルコース値画面で、[低グルコース][グルコース値が低下]と表示されたとき。
  3. 測定結果と一致しない症状がある、または測定値の正確性に疑問があるとき。
  4. グルコース値画面で、「LO」または「HI」と表示されたとき。
Q.血糖自己測定(SMBG)が必要なのはなぜ?

A.FreeStyleリブレは「間質液中のグルコース濃度」を測定し、表示・記録しています。「間質液中のグルコース濃度」と「血糖値」にはいくつかの違いがあるため、FreeStyleリブレを使用していても、血糖自己測定(SMBG)が必要になる場合があります。

たとえば、センサーによって測定されたグルコース値が正確に血糖値を反映していないと思われる場合、グルコース値が70mg/dLよりも低いもしくは低くなると予測される場合、グルコース値が極端に低いもしくは高い場合などです。

Q.血糖自己測定(SMBG)の値とFreeStyleリブレの値が一致しないことがあるのはなぜ?

A.間質液と毛細血管との生理的な違いにより、グルコース値に差が生じる場合があります。間質液と毛細血管とのグルコース値の違いは、食後、インスリン投与後、運動後などの、血糖が急速に変化しているときにみられる場合があります。

注意事項
必ずお読みください

このウェブページでは、FreeStyleリブレ等のアボットジャパン糖尿病関連製品をご使用中または使用を予定されている患者さん・ご家族に正しく理解を頂き、適正にご使用頂くために情報を提供しています。

あなたは患者さん・ご家族ですか?

記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。医療機器、及びその他の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。もし日本以外の地域にお住まいの場合は、Abbott Worldwideから居住されているAbbottサイトをご確認いただくか、Abbottの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。