グルコース値と血糖値の違い

FreeStyleリブレは、間質液中のグルコース(ブドウ糖)の濃度を測定します。間質液とは細胞と細胞の間に存在する液体のことで、グルコースは血管を通って体中に運ばれ、毛細血管から間質液へ、さらに間質液から細胞に入って利用されます。

「血糖値」と「間質液中のグルコース濃度」(イメージ)

FreeStyleリブレセンサーが測定するのは、間質液中のグルコースの濃度です 血管を流れる血液中のグルコース濃度が「血糖値」

血管を流れる血液中のグルコース濃度が「血糖値」であり、血糖値と間質液中のグルコース値の間には、高い相関関係があることが証明されています※1

血糖値と間質液中のグルコース値のイメージ※2

急激な変化がない時には近い値となります。 → 炭水化物が消化されると、グルコースはまず血液に入ります。そのため、血糖値が上がり、それに続いて間質液中のグルコース値が上がります。 → 下降する時も同様です。血糖値が下がり、それに続いて間質液中のグルコース値が下がります。 注)血糖値と間質液中のグルコース値の違いには個人差があります。

イメージ

  1. ※1Rebrin K, Steil GM. Diabetes Technol Ther. 2000; 2(3): 461-472.
  2. ※2血糖値と間質液中のグルコース値の違いには個人差があります。

注意事項
必ずお読みください

このウェブページでは、FreeStyleリブレ等のアボットジャパン糖尿病関連製品をご使用中または使用を予定されている患者さん・ご家族に正しく理解を頂き、適正にご使用頂くために情報を提供しています。

あなたは患者さん・ご家族ですか?

記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。医療機器、及びその他の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。もし日本以外の地域にお住まいの場合は、Abbott Worldwideから居住されているAbbottサイトをご確認いただくか、Abbottの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。