FreeStyleリブレの特徴

FreeStyleリブレはスキャンによる測定で、血糖変動を「見える化」し、糖尿病の日常の自己管理をサポートします。

いつでも、どこでも

  • 日々の指先穿刺なし※1で、いつでも、どこでも、服の上からでも測定が可能※2
  • センサーはアクティブな生活が可能になる耐水性設計※3

高い利便性

  • 出荷時較正済で、使用時の血糖自己測定による較正の必要なし
  • Readerは見やすく、操作しやすいタッチスクリーン
  • センサーは使い捨てで、クリーニングや消毒の必要なし

血糖変動を見える化

  • センサーは最長14日間(2週間)にわたってグルコースデータを提供
  • センサーのメモリーは8時間です。グルコース値を15分ごとに保存
  • 測定情報は、Readerにわかりやすいグラフで表示
  1. ※1血糖値が、急激に変化している状況で測定した間質液血糖値が正確に血糖値を反映していない可能性がある場合、低血糖または低血糖の可能性が報告された場合、また測定値と症状が一致していない場合には、血糖測定機能を用いて指先で、の測定を行ってください。
  2. ※2センサーから4cm以内にReaderがあるときに測定できます。
  3. ※3水深1mで最長30分間の耐水性試験を実施済みです。入浴中、シャワー中、水泳中も着用可能です。

FreeStyleリブレ Readerの特徴

・バックライト付きColorタッチスクリーン ・USBポート:Readerの充電、PCの接続 ・ホームボタン:Readerのオン/オフ、ホーム画面へ戻る ・電極差込口:FSプレシジョン血糖測定電極およびβ-ケトン測定電極Ⅲにより、血糖とケトン体の測定が可能
豊富で役立つグルコースデータを提供
測定データは約90日間保存され、豊富な分りやすいグラフで履歴を表示します。
1度のスキャンで過去8時間の測定履歴を表示
過去8時間のグルコース推移および直近のグルコーストレンドを簡単に確認できます。
コンパクト
持ちやすく、保管しやすいサイズです。
衣服の上からも読み取り可能
厚さ4cm以内の衣服の上から読み取ることができます。
カラータッチスクリーン
見やすく、操作しやすいタッチスクリーン。

FreeStyleリブレ センサーの特徴

小さいサイズ(厚さ5mm、直径35mm)
センサーは小型で薄く、目立たないため、上腕後部に装着したまま服を着ることができます※1
ほとんど痛みのない装着感
調査対象患者の93%以上がセンサー装着中に不快感を訴えませんでした※2
使い捨て
センサーは使い捨てで、クリーニングや消毒の必要はありません。
最長14日間にわたる正確かつ安定した測定
SMBGと比較した平均絶対的相対的差異(MARD)は11.4%※3
最長14日間の装着
最長14日間の装着期間中、グルコース値を毎分測定し、15分ごとに保存します※4
指先穿刺によるキャリブレーション不要
工場出荷時にキャリブレーション実施済み、痛みを伴う指先穿刺によるキャリブレーションを行う必要がありません※5
簡単な装着
使い捨てタイプのアプリケーターで簡単に装着することができます。
耐水性
入浴中、シャワー中、水泳中※6、運動中も装着することができます。
  1. ※1厚さ4cm以内の衣服の上からReaderで読み取ることができます
  2. ※2Abbott Diabetes Care Inc.社内データ。User Self Assessment of the Abbott Sensor Based Glucose Monitoring System.
  3. ※3Timothy Bailey, et al. DIABETES TECHNOLOGY & THERAPEUTICS Volume 17, Number 11, 2015
  4. ※4間質液中のグルコース値を毎分測定し、15分ごとに最適化された平均値を記録します
  5. ※5間質液グルコース値が血液中のグルコース値を正確に反映していない時、本システムで低血糖の危険が報告された、または症状が本システムの測定値と一致しない時は、グルコース値が急激に変化しており、指先穿刺による血糖測定を行う必要があります。
  6. ※6センサーは水深1メートルまで耐水性能が保証されています。30分以上水に浸さないでください

注意事項
必ずお読みください

このウェブページでは、FreeStyleリブレ等のアボットジャパン糖尿病関連製品をご使用中または使用を予定されている患者さん・ご家族に正しく理解を頂き、適正にご使用頂くために情報を提供しています。

あなたは患者さん・ご家族ですか?

記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。医療機器、及びその他の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。もし日本以外の地域にお住まいの場合は、Abbott Worldwideから居住されているAbbottサイトをご確認いただくか、Abbottの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。