Readerで履歴を確認するには

計測したデータは、Readerの履歴で確認することができます。また、履歴オプションを使って、複数日にわたる情報を要約して表示することもできます。

履歴の見方

①ホーム画面の「履歴を見る」をタッチします。

②矢印をタッチして履歴オプションを表示し、確認したい項目をタッチします。履歴オプションには、次のようなものがあります。

履歴

センサーをスキャンしたり、血糖値やケトン体値測定を行うたびに、結果が登録されます。グルコース値にメモを入力した場合、その行に鉛筆マークが表示されます。詳細情報やメモを確認するには、確認したい記録をタッチしてください。

日内グラフ

日付ごとのグルコース値のグラフです。表示されるグルコース値の最大値は350mg/dLで、これを超えたグルコース値は350mg/dLとして表示されます。

グラフには目標グルコース範囲と、食事のシンボル、入力した超速効型インスリンのメモが表示されます。8時間の間に一度もスキャンしないと、グラフに間隔があく場合があります。また、Readerの時間を変更すると、時計マークが表示され、グラフに間隔があいたり、グルコース値が非表示になることがあります。

平均グルコース値

6時間ごとの時間枠における平均値がグラフで表示され、グラフの上には選択した期間全体の平均値が表示されます。目標グルコース値よりも高い、または低い測定値はオレンジ色で表示されます。

矢印をタッチして、過去7、14、30、90日の期間を選択できます。

日内パターン

代表的な1日のグルコース値の変動パターンとばらつきを示すグラフです。黒い線はグルコース値の中央値、グレーの範囲は測定値の範囲(10〜90パーセンタイル)を示します。日内パターンの表示には、少なくとも5日分のグルコースデータが必要です。

矢印をタッチして、過去7、14、30、90日の期間を選択できます。

目標範囲内であった時間

測定したグルコース値が目標グルコース値の範囲より高い、低い、もしくは範囲内にあった時間の割合を示します。

矢印をタッチして、過去7、14、30、90日の期間を選択できます。

低グルコースイベント

6時間ごとの時間枠における低グルコースイベントの回数がグラフで表示され、グラフの上には合計回数が表示されます。低グルコースイベントは、測定されたグルコース値が、15分間以上70mg/dLより低い値を示していた場合に記録されます。

矢印をタッチして、過去7、14、30、90日の期間を選択できます。

センサーの使用量状況

センサーをスキャンする頻度に関する情報です。1日にスキャンした回数の平均と、スキャンして測定データを取得することができた割合を表示します。

矢印をタッチして、過去7、14、30、90日の期間を選択できます。

履歴を見る

重要

  • グルコース履歴を解釈する際には医療従事者の方と一緒に行ってください。

注意事項
必ずお読みください

このウェブページでは、FreeStyleリブレ等のアボットジャパン糖尿病関連製品をご使用中または使用を予定されている患者さん・ご家族に正しく理解を頂き、適正にご使用頂くために情報を提供しています。

あなたは患者さん・ご家族ですか?

記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。医療機器、及びその他の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。もし日本以外の地域にお住まいの場合は、Abbott Worldwideから居住されているAbbottサイトをご確認いただくか、Abbottの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。