センサーを起動し、グルコース値を測定する

センサーを起動する

①ホームボタンを押して、Readerの電源をオンにします。

②「新しいセンサーを起動」をタッチします。

③センサーから4cm以内でReaderを持ち、スキャンします。センサーが正しく起動すると、音声の設定がオンの場合には、ビープ音が鳴ります。

15秒以内にセンサーが正常にスキャンされないときは、再びスキャンを促すメッセージが表示されるので、[OK]をタッチしてホーム画面に戻り、もう一度②→③の手順を行います。

④60分間のセンサー起動時間が完了するまでお待ちください。

グルコース値を測定する

①ホームボタンを押して、Readerの電源をオンにします。

②ホーム画面で「グルコース値を測定」をタッチします。すると、この画面が表示されます。

③センサーから4cm以内でReaderを持ち、スキャンします。

15秒以内にセンサーが正常にスキャンされないときは、再びスキャンを促すメッセージが表示されるので、[OK]をタッチしてホーム画面に戻り、「グルコース値を測定」をタッチしてから再度スキャンします。

④Readerに、現在のグルコース値とともに、グルコースグラフとグルコース値トレンド矢印が表示されます。グルコースグラフは、過去8時間の変動も表示します。

グルコース値トレンド矢印の見方(グルコース値が推移する方向を示します)

上向き矢印:グルコースが急速に上昇(1分あたり2mg/dL以上)、右上向き矢印:グルコースが上昇(1分あたり1〜2mg/dL)、右向き矢印:グルコースがゆっくりと変化(1分あたり1mg/dL未満)、右下向き矢印:グルコースが低下(1分あたり1〜2mg/dL)、下向き矢印:グルコースが急速に低下(1分あたり2mg/dL以上)

グルコース値の確認

ご注意

  • 画面操作は、指の腹を使用します。爪やその他の物を使用しないでください。
  • グルコース値トレンド矢印は測定値と一緒に表示されない場合もあります。
  • 長時間スキャンをしないと、データが表示できなくなります。少なくとも8時間に1回、Readerでセンサーをスキャンして測定してください。

注意事項
必ずお読みください

このウェブページでは、FreeStyleリブレ等のアボットジャパン糖尿病関連製品をご使用中または使用を予定されている患者さん・ご家族に正しく理解を頂き、適正にご使用頂くために情報を提供しています。

あなたは患者さん・ご家族ですか?

記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。医療機器、及びその他の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。もし日本以外の地域にお住まいの場合は、Abbott Worldwideから居住されているAbbottサイトをご確認いただくか、Abbottの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。