メモ機能を使う(インスリン注射・食事等の記録)

グルコースのデータをスキャンしたとき、またはスキャンの15分以内であれば、投与したインスリンの単位数や、食事した際の炭水化物のグラム数を記録・保存することができます。

メモ機能の使い方

①グルコース値画面で、右上の鉛筆アイコンをタッチします。

②追加したい項目を選択してタッチすると、項目の右側に[+]マークが表示されます。

③[+]をタッチすると、「超速効型インスリン」「持続型インスリン」では単位数の入力画面が表示されます。「食事」を選択したときは、炭水化物のグラム数の入力画面になります。△+、△-をタッチしてインスリンの単位数や炭水化物のグラム数を入力し、画面右上の「OK」をタッチします。

④画面右上の「OK」をタッチして保存します。

ご注意

  • インスリン注射や食事したタイミングでグルコース値を測定し、記録してください。
  • 保存後、画面上では超速効型インスリンでは注射マークが、食事ではリンゴマークが表示されます。
  • 持続型インスリンは画面上では表示されませんが、FreeStyleリブレソフトウェアで出力したAGPレポートに表示されます。

関連動画を見る

注意事項
必ずお読みください

このウェブページでは、FreeStyleリブレ等のアボットジャパン糖尿病関連製品をご使用中または使用を予定されている患者さん・ご家族に正しく理解を頂き、適正にご使用頂くために情報を提供しています。

あなたは患者さん・ご家族ですか?

記載されている製品情報は、日本国内にのみ適用されます。医療機器、及びその他の製品情報は他の国においては承認されていない製品の情報が掲載されている可能性があります。もし日本以外の地域にお住まいの場合は、Abbott Worldwideから居住されているAbbottサイトをご確認いただくか、Abbottの代表にご連絡の上、適切な製品情報を入手してください。